MENU

トップページ > イベント情報 > 除夜の鐘と年越しそば

除夜の鐘と年越しそば

 

12月31日~1月1日 除夜会 年越しそば 新年祈願
羅漢寺で~除夜の鐘を撞こう~~年越しそばを食べよう~~1年間の願いを祈ろう~

五百羅漢寺では、12月31日22:00~1月1日2:00の4時間だけ夜間特別無料開放し、除夜の鐘撞き、年越しそば、初詣の新年祈願を行います。
12月31日、1月1日には甘酒無料サービスを時間未定ですが行います。
また1月1日~1月7日9:00~17:00は、拝観無料です。みなさまお誘いの上、お参りくださいますようご案内申し上げます。

【除夜の鐘つき】  23時40分 ~  翌1時00分

除夜の鐘撞きは、23:00から並ぶことができます。並んだ順に撞きます。0:50までに屋上へお越しください。並ぶ前に、必ず下記の「除夜の鐘つき券」をお求めください。

【年越しそば】  22時30分 ~ 翌2時00分 (ラストオーダー:1時30分)

年越しそばは、山門入ってすぐ右側の「らかん茶屋」で提供しています。お越しになる前に、必ず下記の「年越しそば券」をお求めください。

 

※ 鐘つき、年越しそばは、下記の「券」が必要です。寺務所で販売しています。
※ 時間内でしたら「そば」と「鐘撞き」どちらが先でも構いません。
※「年越しそば」は、数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。
屋上の鐘つき場所までは、階段しかありませんのでご了承ください。
紛失した場合の再発行はできません。
※ 鐘つきや年越しそばを中止した場合を除き、返金できませんのでご了承ください。

 

◆除夜の鐘つき券(お守り付) 600円

◆年越しそば券 600円

◆セット券=鐘つき(お守り付)と年越しそばのセット 1000円

 

◎【電話予約】して当日引き換える方法
12月1日~12月30日 9:00~16:30 に03-3792-6751 へ電話して予約してください
「券の種類と枚数」「名前」「電話番号」をうかがいます
12月31日 22:00~0:45 寺務所でお支払い「券」をお受け取りください

◎【事前購入】しておく方法
12月1日~12月30日 9:00~16:30  五百羅漢寺の寺務所で購入し、当日忘れずにお持ちください。
紛失にお気を付けください。

◎【当日購入】する方法
12月31日 22:00~0:45 鐘撞き券、セット券
12月31日 22:00~1:30 年越しそば券
寺務所で販売いたします。年越しそば券は数に限りがあるので、お早目にお求めください。

 

◆『浄焚式(じょうぼんしき)』
12月31日・午後11時過ぎから、古くなったお守りやお塔婆、仏具などをお焚き上げする『浄焚式(じょうぼんしき)』を行います。その後、屋上にある鐘楼に移動し、一年間のけがれを除き、新年を迎える鐘を撞き、縁起物である年越しそばを食べます。

 

Q.なぜ、『年越しそば』を食べるの?
蕎麦(そば)は他の麺類と比べて切れやすいことから「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が定着したそうです。また、昔から蕎麦は体によいものとされ–、食べると体のなかにたまった毒を取り払ってくれるとも言われていました。そのため、新しい年を健康で迎えられるように、大晦日の夜に蕎麦を食べたとされています。他にも、細く長い見た目から長寿への願いや、金銀の細工師が散らばった金粉・銀粉を集めるのにそば粉を丸めたものを使った事から「金を集める」「金運がよくなる」という願掛け、縁起物でもあったようです。

イベント一覧はこちら