MENU

トップページ > イベント情報 > 除夜の鐘 年越そば 新年祈願

除夜の鐘 年越そば 新年祈願

感染症拡大防止のため必ずマスク着用でお越しください

令和3年12月31日

令和4年1月7日

 

12月31日

9:00~17:00 通常拝観(拝観料500円)
18:00 ~ 22:00 夜間特別無料開放
18:00 ~ 21:30 年越そば108食
19:00 ~ 20:30 除夜の鐘つき108回
22:00 閉門
1月1~3日
9:00 開門 特別無料開放
11:00 修正会 年頭祈願
17:00 閉門
1月4~7日
9:00 開門 特別無料開放
17:00 閉門

 

五百羅漢寺では、令和3年12月31日18:00~22:00の4時間だけ夜間特別無料開放し、除夜の鐘つき、年越そばを行います。除夜の鐘つき108回、年越そば108食限定なので電話予約はお早めに。新年祈願は1/1,2,3の11:00から行います。

また1月1日~1月7日9:00~17:00の拝観無料です。みなさま感染症対策にご留意いただき、お参りくださいますようご案内申し上げます。

【除夜の鐘つき】

19時00分~20時30分

◆鐘つき券(お守り付) 1000円 108枚限定

除夜の鐘撞きは、18:10から並ぶことができます。並んだ順に撞きます。撞き始めは19:00を予定しています。20:20までに「鐘つき券」を持って屋上へお越しください。

並ぶ前に、必ず寺務所にて「鐘つき券」をお求めください。108回限定となりますので早めに電話にてご予約下さい。12月31日18:00~20:15までに引き換えにお越しください。当日券もあります。

 

【年越そば】

18時00分~21時30分

(LO:21時00分)

◆年越そば券 500円 108枚限定

年越そばは、山門入ってすぐ右側の「らかん茶屋」で提供しています。ご来店いただく前に、必ず寺務所にて「年越そば券」をお求めください。店内で「年越そば券」は購入できません。今年は108食限定となります。早めに電話にてご予約下さい。当日券もあります。

またご来店時間も予約制とさせていただきます。下記のAブロック、Bブロック、Cブロックの中から電話予約時にお知らせください。

らかん茶屋の席数を減らして営業していますので、ご来店いただく時間を3段階に分けています。

Aブロック

 18:00~19:00 の間にご来店予定、年越しそばを食べてから除夜の鐘を撞く方に最適

Bブロック

 19:00~20:00 の間にご来店予定、早めの時間に除夜の鐘を撞いてから年越しそばを食べる方に最適

Cブロック

 20:00~21:00 の間にご来店予定、遅めの時間に除夜の鐘を撞いてから年越しそばを食べるのに最適

 

やむなく違う時間帯のブロックにお越しいただいても召し上がれます。ただしその時間帯で予約された方が優先となりますのでご了承ください。

 

◎【電話予約】して当日引き換える方法
12月1日~12月30日 9:00~16:30 に03-3792-6751 へ電話して予約してください
「名前」「電話番号」「除夜の鐘 及び 年越しそば の枚数」「年越そばの来店時間帯」をうかがいます。
例:「除夜の鐘と年越そばの予約をお願いします」
「らかん たろう」
「000-0000-0000」
「鐘つき券〇枚と年越そば〇枚」
「〇ブロックの時間帯で」
予約完了しましたら12月31日 18:00~20:15(年越しそばだけの方は20:45まで) 五百羅漢寺の2F寺務所でお支払いいただき「券」をお受け取りください。

◎【事前購入】しておく方法
12月1日~12月30日 9:00~16:30  五百羅漢寺の寺務所で購入してください。
例:「鐘つき券〇枚と年越そば〇枚」
「〇ブロックの時間帯で」
当日忘れずにお持ちください。紛失や券をお忘れになった場合は無効となりますのでお気を付けください。

◎【予約しないで当日購入】する方法
12月31日 18:00~19:15 鐘撞き券
12月31日 18:00~20:45 年越そば券
どちらも前売り券が残った場合のみ、五百羅漢寺の2F寺務所で販売いたします。
例:「鐘つき券〇枚と年越そば〇枚」
「〇ブロックの時間帯で」
売り切れ終了となります。

最重要点

 

予約する前に、下記の「注意点」および「感染症対策について」を必ずお読みいただき、ご確認のうえご予約ください。

 

「注意点」

※ 鐘つき、年越しそばは、「券」が必要です。まずはお電話でご予約をどうぞ。券が余った場合のみ、当日券にまわします。その場合は寺務所で販売しています。
※ 時間内でしたら「そば」と「鐘撞き」どちらが先でも構いません。
※ 屋上の鐘つき場所までは、階段しかありませんのでご了承ください。
※ 紛失した場合の再発行はできません。
※ らかん茶屋は、18:00~21:30の夜間特別開店時間中は年越しそばのみの販売となります。他のドリンクや甘味などの喫茶メニューはございません。
※ 鐘つきや年越しそばを中止した場合を除き、返金できませんのでご了承ください。

「感染症対策について」

感染拡散防止のため、以下に該当する点があるお客様のご来山ご来店をお断り、あるいは強制退出させていただきます。感染症対策にご協力お願いいたします。
〇 口鼻とも覆うマスクを着用されていない方
〇 風邪の症状(発熱37度以上、くしゃみや咳・のどの痛み)がある方
〇 体のだるさや息苦しさがある方
〇 しゃべるときに(食事中であっても)マスクされない方
〇 消毒をお願いしてもしてくれない方
〇 複数人で同じ食器で食事をした、あるいはしようとした方
〇 衛生面、マナー、素行などに問題があるみなした方

 

【新年祈願】

 

新年をお迎えになるにあたり、願い事や目標、世界平和、国安泰、先祖供養等と共に、祈願札に込めた願いを祈念いたします。また、人生の節目のお祝いや大切な方への贈り物にいかがでしょうか。
右上に「祈願内容」、左下に「名前」、左上に「令和〇年」を書きますが、
1月1日 午前11時 から行う修正会で祈願するものには「令和〇年 元旦」1月2以降の祈願するものには「令和〇年 正月」となります。

【祈願札】 1枚 3000円

高さ26.5㎝ 最大幅7.5㎝ 厚さ1㎝

【お札立て】 1個 1500円
(ご希望の方のみ)

高さ13.5㎝ 幅7㎝ 奥行12.5㎝

配送 祈願札1枚につき手数料 1000円(ご希望の方のみ)

 

【祈願内容】 ・家内安全・身体健全・無病息災・病気平癒・厄難消除・合格祈願・大願成就・必勝祈願・良縁成就・恋愛成就
・夫婦円満・子宝成就・安産祈願・商売繁盛・交通安全・工事安全・就職成就・開運招福・悪夢退散・疫病退散
誕生・入学・就職・成人式・
還暦(60歳)・古希(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)・米寿(88歳)・卒寿(90歳)・白寿(99歳)
百寿(100歳)・結婚・紙婚式(1年目)・銀婚式(25年目)・金婚式(50年目)……など。
※「結婚関連」のみ連名にいたします
※「祝」の字は朱色になります

 

祈願申込書はこちら(pdfファイル)

 

祈願札・お申し込み方法

○ 来山して申し込む

寺務所受付にて別紙の祈願申込書にご記入のうえ、祈願料3000円を添えて申し込みください。
お札立て(1500円)や配送(手数料1000円)を希望の方は別途料金をお支払いください。
祈願日より一カ月以内に五百羅漢寺寺務所受付まで受け取りにお越しください。
祈願日当日にお受け取りになりたい方で、1/1,2,3で祈願された方は12:00~17:00で受け取ることができます。
祈願日の次の日以降に来られる方は9:00~17:00でお受け取り下さい。
配送を申し込まれた方には、祈願日より一週間以内に投函いたしますので、到着までしばらくお待ちください。

○ 現金書留にて申し込む

下記の祈願申込書(PDFファイル)をクリックしてファイルを開き、A4サイズで印刷してください。
祈願申込書に必要事項を書き込み、金額を確認したうえで現金書留で、「祈願申込書」と「金額」をお送りください。
現金書留送り先 〒153-0064 目黒区下目黒3-20-11 五百羅漢寺 祈願札 係 03-3792-6751
現金書留が五百羅漢寺に到着後、申込書の確認ができましたらご祈願いたします
祈願日より一カ月以内に五百羅漢寺寺務所受付まで受け取りにお越しください。
祈願日当日にお受け取りになりたい方は12:00~17:00で受け取ることができます。祈願日の次の日以降に来られる方は9:00~17:00でお受け取り下さい。
配送を申し込まれた方には、祈願日より一週間以内に投函いたしますので、到着までしばらくお待ちください。

 

祈願申込書はこちら(pdfファイル)

クリックすれば「Adobe Reader」が起動し、pdfファイルで表示されます。ファイルが開かない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。プリンターでA4サイズの紙に印刷してご使用ください。

祈願申し込みの注意事項

お問合せは 03-3792-6751 五百羅漢寺までどうぞ
ただし、聞き間違えの原因となりますので電話ではお申し込みできません
1枚の祈願札に2つの祈願内容を書くことはできますが、その場合の祈願札は6000円とさせていただきます。
1枚の祈願札に3つ以上の祈願内容を書くことはできません。

 

以下参考資料

◆『浄焚式(じょうぼんしき)』
12月31日・除夜の鐘つきの前に、古くなったお守りやお塔婆、仏具などをお焚き上げする『浄焚式(じょうぼんしき)』を行います。その後、屋上にある鐘楼に移動し、一年間のけがれを除き、新年を迎える鐘を撞き、縁起物である年越しそばを食べます。

Q.なぜ、『年越しそば』を食べるの?
蕎麦(そば)は他の麺類と比べて切れやすいことから「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が定着したそうです。また、昔から蕎麦は体によいものとされ–、食べると体のなかにたまった毒を取り払ってくれるとも言われていました。そのため、新しい年を健康で迎えられるように、大晦日の夜に蕎麦を食べたとされています。他にも、細く長い見た目から長寿への願いや、金銀の細工師が散らばった金粉・銀粉を集めるのにそば粉を丸めたものを使った事から「金を集める」「金運がよくなる」という願掛け、縁起物でもあったようです。

イベント一覧はこちら