Top > 五百羅漢寺 >除夜の鐘つきと年越しそば

除夜の鐘 と 年越しそば

年中行事 除夜の鐘つき と 年越しそば 


鐘撞き堂から見た夜の羅漢寺
鐘撞き堂から見た夜の羅漢寺

 12/31 午後11時過ぎから、まず古い仏具やお守りなどのお焚きあげ法要「浄焚会(じょうぼんえ)」を行います。
 その後、屋上にある鐘撞き堂へ行き、今年1年間の穢れを除き新年を迎える鐘をつき、縁起ものの年越そばを食べます。

 一般の方も鐘を撞くことができます。「除夜の鐘つき券」と「年越しそば」は、「事前購入」や「電話予約」も受け付けています。もちろん「当日券」もご用意しています。年越しそばは数に限りがありますので、ご注意ください。除夜の鐘は0:30までに来れば撞けますよ。詳細は下記をご覧ください。
 また新年を迎えるにあたり、0:00から年頭祈願の法要を行います。祈願札もあわせてご予約いただけます。

鐘をつく親子
鐘をつく親子

除夜の鐘つき・年越そばの詳細

○ 12/31 除夜の鐘つき・年越そばの時間
年越そば 22:30 ~ 2:00
ラストオーダー 1:30
 五百羅漢寺内 らかん茶屋にて
除夜の鐘つき 23:40 ~ 1:00  五百羅漢寺 屋上にて
   ※ 鐘つきも年越そばも、必ず下記の「券」を前もってお買い求めください。
   ※ 年越そばを食べてから鐘をついても、鐘をついてから年越そばを食べてもOK。

○ 除夜の鐘つき・年越そばの金額
 ① 除夜の鐘つきと年越そばのセット券
    こちらは事前購入または電話予約が可能です。
 1000円(108枚限定)
 ② 除夜の鐘つき当日券
     12/31の22:00~0:30で販売
 500円
 ③ 年越そば当日券
     12/31の22:00~1:30で販売
 500円(50枚限定)
   ※ 売り切れ次第終了となります。
   ※ 鐘を撞いた方全員に「オリジナルお守り」をプレゼント
   ※ 紛失された券は再発行いたしませんので、お気を付け下さい。
   ※ 除夜の鐘は並んだ順に鐘をつきはじめますが、22:30より並ぶことができます。
   ※ 除夜の鐘は0:45までにお並びください。

○ 鐘つき券 と 年越しそば券 のお求め方
 ○ 事前に五百羅漢寺に来て買う方法(①「セット券」のみ販売)
 12/1~31 9:00~16:30 受付窓口にて販売
 ○ 電話予約しておく方法(①「セット券」のみ販売)
 12/1~31 9:00~16:30 メモの用意をして 03-3792-6751 にお電話ください
 ⇒「除夜の鐘つきと年越しそばのセット券の電話予約です」と言ってください
 ⇒「名前(フルネーム)・電話番号・枚数」を言ってください
 ⇒「金額・受付番号・注意事項」をいいますのでメモしてください
 ⇒12/31 22:00~0:00 に受付窓口で「受付番号・名前」を言う
 ⇒お支払いして「券」を受け取る
 ○ 予約しないで当日券を買う方法
 12/31 22:00~0:30  受付窓口にて販売(①②を販売)
 12/31 22:00~1:30  受付窓口にて販売(③を販売)

12/31の様子

○ 12月31日 当日の流れ
22:00 受付窓口にて鐘撞き券・年越そば券の販売開始(電話予約された方もこちらへ)
らかん茶屋オープン 年越しそばの注文ができます
売店オープン(途中で甘酒サービスあり)
22:30 鐘撞きの列の並び始め(鐘を撞くのは並んだ順となります)
23:40 このころから鐘を撞き始めます
0:50 鐘撞き券の販売終了
1:00 鐘撞き終了
1:30 年越そば券の販売終了・らかん茶屋で年越そばのラストオーダー
1:50 閉門開始・売店クローズ
2:00 完全閉門・らかん茶屋クローズ


○ 年末年始を写真で見る
お焚きあげ 火が大きくなってきた 除夜の鐘つきの列
お焚きあげ
火が大きくなってきた
除夜の鐘つきの列
ゴ~~~~~~~ン 親子3人でゴ~~~ン 0時を過ぎて年頭祈願中
ゴ~~~~~~~ン
親子3人でゴ~~~ン
0時を過ぎて年頭祈願中
火事になりませんようにby消防団 おみくじを引いて・・・ お蕎麦を食べにらかん茶屋へ
火事になりませんように
by消防団
おみくじを引いて・・・
お蕎麦を食べにらかん茶屋へ
売店でお守りを買おう サービスの甘酒もある! 「家内安全」の祈願札で今年も楽しいことがありますように
売店でお守りを買おう
サービスの甘酒もある!
「家内安全」の祈願札で今年も楽しいことがありますように

平和の鐘

○ 五百羅漢寺の「平和の鐘」

 梵鐘は青銅製で、1696年に鋳させたものだったが、現存のものは1774年に改鋳されたもの、昭和26年に日比谷公園での万国戦没者慰霊大会で撞かれ「平和の鐘」と呼ばれている。
 普通は、乳(にゅう)と呼ばれるイボイボ状の突起があるがそれがなく、代わりに百字真言が浮き出されている。その他にも縦帯が5本(普通は4本)や下縁が波状になっている。

平和の鐘
平和の鐘

copyright