MENU

ご挨拶

「目黒のらかんさん」として親しまれている天恩山五百羅漢寺の羅漢像は、
元禄時代に松雲元慶禅師が、江戸の町を托鉢して集めた浄財をもとに、十数年
の歳月をかけて彫りあげたものです。五百体以上の群像が完成してから三百年
の星霜を重ね、現在は東京都重要文化財に指定されています。(現存305体)
天恩山五百羅漢寺は元禄八年(1695) 本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建
されましたが、明治維新とともに寺は没落し、明治四十一年、目黒のこの地に
移ってきました。長年の風雪に耐え、昭和五十六年に近代的なお堂が完成し、
名実ともに「目黒のらかんさん」としてよみがえりました。
どうぞゆっくりと「目黒のらかんさん」にお参りください。

拝観のご案内

拝観時間

午前9時 開門
午後5時 閉門
(拝観受付は午後4時30分まで)

拝観料

  個人 団体 (20名様以上)
大人 300円 200円
学生(高校生以上) 200円 100円
 
障害者手帳をお持ちの方 200円
65歳以上の方
 
中学生以下の方 無料
詳細を見る

アクセス

〒153-0064 東京都目黒区下目黒3丁目20−11
TEL: 03-3792-6751
TEL: 03-3792-7800

Googleマップはこちら 印刷用はこちら

お知らせ(行事・イベント情報)

行事・イベント一覧はこちら

らかんさん広場

「らかんさん」は五百羅漢寺が発行する季刊誌です。
檀家様に向けてご送付させていただいております。
また、寺務所受付でも配布しております。

ホームページでは、最新号ならびにバックナンバー
記事がご覧頂けます。

バックナンバー一覧はこちら